SONY FE 24mm F1.4 GMで星空撮影していて思う事(SEL24F14GM)【レビュー】

SONY FE 24mm F1.4 GMで星空撮影していて思う事(SEL24F14GM)【レビュー】

SONY FE24mm F1.4 GM(SEL24F14GM)を入手したので、実際に星空撮影(写真・動画)で使用していて思う事、コマ収差等を書いていきます。

スポンサードサーチ

SONY FE24mm F1.4 GMのスペック

SONY FE24mm F1.4 GMのスペックを抜粋。

型名SEL24F14GM
絞り (F値)1.4~16
絞り羽根 (枚)11
最短撮影距離 (m)0.24
フィルター径 (mm)67
手ブレ補正– (ボディ側対応)
外形寸法 最大径x長さ (mm)75.4 x 92.4
質量 約 (g)445

非常にコンパクトかつ軽量なレンズです。下記はSONY a7SⅢに装着した写真です。

SEL24F14GM 装着例

SONY FE24mm F1.4 GMのコマ収差、フリンジ

下記の写真を絞り値別(F1.4~2.8)に撮影し、切り出してみました。

SEL24F14GM 星
SONY FE24mm F1.4 GM 開放
SONY FE24mm F1.4 GM 星
SONY FE24mm F1.4 GM 絞り値別
SONY FE24mm F1.4 GM 色収差
SONY FE24mm F1.4 GM パープルフリンジ
SONY FE24mm F1.4 GM コマ収差
SONY FE24mm F1.4 GM コマフレア

F2.0くらいからコマ収差はマシに。ただしパープルフリンジはまだ目立ちます。
F2.8まで絞ればコマ収差、パープルフリンジともに改善するも、まだやはりパープルフリンジが目立ちます。

もう少し分かり易く、最初の写真の左下端にある星(デネブ)を拡大してみました。

sel24f14gm 星

スポンサードサーチ

ソフトフィルターを使用した例

こちらはソフトフィルターを使用した例。同じ撮影設定でソフトフィルター使用有り無しを比較したもの。使用したソフトフィルターはKenkoのプロソフトンクリアです。(写真はLightRoomで明るさ調整しています)

SONY FE24mm F1.4 GM ソフトフィルター

左上端の夏の大三角のベガを拡大したもの。どちらも同じ設定(開放F1.4)で撮影していますが、ソフトフィルター無しはコマ収差が目立ちます。一方プロソフトンクリアは目立たない・・・というかソフト効果で誤魔化せています。

ちなみに、Kenkoのプロソフトンクリアは比較的効果の弱い、自然な仕上がりになるソフトフィルターです。理想的な効果の為、愛用しています
参考記事:プロソフトンクリアで星空撮影、控えめで自然な効果(レビュー)

SONY FE24mm F1.4 GMの購入理由

今まではSIGMA 24mm F1.4 DG HSM ARTを使用していました。
参考記事:SIGMA 24mm F1.4 DG HSM ART 星空撮影で使用していて思うこと。(レビュー)

SIGMA 24mm F1.4 DG HSM ARTは主に星空の動画撮影用として使用していました。しかし、開放でのコマ収差が大きく(星空の動画はシャッタースピードの関係で出来るだけ開放で撮影したい)重量もそこそこあるため、ジンバルでの運用にも少し心配がありました。

そこで、SONY FE24mm F1.4 GMに置き換える事で、開放での画質向上(コマ収差低減)、ジンバルの安定性の向上を図ろうと思ったのが購入理由です。

スポンサードサーチ

SONY FE24mm F1.4 GMでの星空の写真作例

使用しているカメラはSONY a7SⅢです。基本的に赤道儀などで追尾せず固定で撮影。ソフトフィルター(プロソフトンクリア)を使用して撮影する事が多いのですが、開放F1.4でも十分使っていける感触です。

下記の写真はF1.4で撮影した写真を現像したもの(プロソフトンクリアを使用)。撮影地はそこまで暗くはない場所です。右上端にさそり座が来ていて少し心配でしたが、プロソフトンクリアのお陰か、許容範囲でした。

SONY FE24mm F1.4 GM 作例

まぁ、写真の端っこなので楕円形に星が伸びていますけど。

SEL24F14GM コマ収差

ソフトフィルターを使わないなら、F2.0以上に絞って撮影して行くことになりそうです。

SONY FE24mm F1.4 GMでの星空の動画作例

星空の動画は写真ほど明るくは写せない為、コマ収差が気になることは少ないです。SONY FE24mm F1.4 GMを使用して動画撮影していても、今のところコマ収差等の不具合は感じていません。下記の動画の冒頭のシーンはSONY FE24mm F1.4 GMを使用して撮影した星空と天の川の動画です。(他のレンズも使用しています)

SONY a7SⅢを使用した星空の動画撮影に関しては下記の記事をご参考にどうぞ。
参考記事:星空動画、始めました(Sony a7SⅢ)使用機材など【星景動画】

スポンサードサーチ

軽いのでジンバルとの相性は良い

445gとコンパクトで軽い。星空やそれ以外の動画撮影でもジンバルを使用することが多い為、この軽さは非常に助かります。ジンバルとの相性は非常に良い印象です。

あと、カバンに入れた時の軽さも感動的・・・やはり、軽さは正義です。

使用しているジンバルについてはこちら
参考記事:初心者でも手振れ軽減!(動画あり)MOZA AirCross2の良い&気になるポイント

まとめ

SONY FE24mm F1.4 GMは主には動画用途の為に購入しましたが、動画と写真の両方で満足しています。初めて見た時はあまりのコンパクトさに驚きました。こんな小さくて軽くて本当に大丈夫か?と思ったけど、撮影するとその性能に驚き。

今まで使用していたSIGMA 24mm F1.4 DG HSM ARTと比べても開放でのコマ収差、サイズ、重量も改善。(一眼レフ用のレンズなので、比べるのはフェアではないですが・・・あと、厳密に比べた訳ではないですが、F2.8の場合ならSIGMAの方がスッキリする印象あり・・・大きな差ではないと思いますが)

今のところ不満な点は少ないレンズですが、SONY FE14mm F1.8 GMが開放でも凄い画質だったので、このレンズももう少しスッキリしていればなぁと思ったり。
参考記事:SONY FE14mmF1.8GMを実際に星空撮影に使ってみた(レビュー)星空最高のレンズか?

購入はSONYストアがおすすめ。レンズを落として破損させても無料で修理頂けるワイド保証がつけられるのはかなり強みです。

Sony公式HP

ちなみに今回、私はカメラのキタムラの中古品を購入しました(値段も安かったので・・・)。ネットショップで見つけた状態AB品を近くの店舗に取り寄せ、現物と動作確認後に購入を決定しました。本体の一か所にスレ、フード取り付け部分が若干ひっかかりを感じる以外は綺麗な状態でした。(フードの引っ掛かりは使用している内に解消)

カメラのキタムラでは過去にも何度か取引していますが、変なレンズにあたったことは一度もありません。

こちらは別のレンズですが、カメラのキタムラで購入した時の記事です。
参考記事:カメラのキタムラで中古レンズの状態ABを購入してみた【オススメ】

カメラのキタムラネットショップはこちら



機材・ウェア等カテゴリの最新記事