プロソフトンクリアで星空撮影、控えめで自然な効果(レビュー)

プロソフトンクリアで星空撮影、控えめで自然な効果(レビュー)

KENKOのプロソフトンクリアを使用してみたので、使用感を記事に纏めたいと思います。

スポンサードサーチ

KENKO プロソフトンクリアとは?

効果の弱いソフトフィルターです。従来のプロソフトン(A)の約半分のソフト効果となっています。

ソフトフィルターを使うと星が滲み写真では明るい星を大きく写す事が出来ますが、同時に地上の景色も滲んでしまいます。

プロソフトンクリアはソフト効果が弱いため、地上景色の滲みを抑えながら、明るい星を強調する事が出来ます。

プロソフトンクリアの効果の比較写真

レンズ焦点距離は24mmです。

早速、こちらがプロソフトンクリアを使用して、夏の大三角を撮影した写真。かなり控えめな効果である事が分かります。

こちらは、そのままフィルターを外して撮影した写真です。これだと、夏の大三角が分かりづらいですね。

次は地上の景色を見てみます。

こちらはプロソフトンクリアを外して撮影。

よくわからないので拡大してみました。プロソフトンクリア使用。

プロソフトンクリア未使用

照明などの光源はソフト効果が掛かりますが、厳密に見れば少し滲みはありますが、そんなに気にするレベルではなさそうです。

隅の星はやっぱり伸びる

ただ、一つ注意点というか、これはプロソフトンクリアに限らずレンズの前に取り付けるソフトフィルターの宿命ではありますが、写真の隅に明るい星が来ると、星が楕円形に伸びてしまいます。プロソフトンクリアならどうなるかと思いましたが、やはり楕円形に伸びてしまいました。(写真右上)

拡大したものです。

この伸び方が好きではないので、普段はLee No.1をカットしてレンズの後ろに取り付けています。

スポンサードサーチ

プロソフトンクリアを購入した理由

写真の隅の星が伸びてしまうのが嫌いですが、それでもプロソフトンクリアを購入したのかを理由は下記の2点です。

・理想的なソフト効果
・脱着の容易さで機動力UP

理想的なソフト効果

個人的に強いソフト効果でアメ玉のように星を大きく写すのは非現実的過ぎて好みではありません。

かといって、ソフトフィルターを使わず星座を撮影するとどこに星座があるか分かりづらい写真となります。また、ソフトフィルターを使うと星の色も出やすいので、総合的に使用した方が良い場合が多いです。(夏の天の川をメインで撮影するなら、外すことの方が多いですが)

ソフト効果が弱く、しかししっかりと星を強調してくれ自然な仕上がりになるプロソフトンクリアの効果は理想的でした。

脱着の容易さで機動力UP

レンズの後ろにつけるソフトフィルターは脱着の際にレンズを取り外す必要があります。しかも薄っぺらいので風が強いと飛ばされていきます。しかも透明なので、落とすとほぼ見つかりません。

なので、ソフトフィルターを外したいシーンの撮影を諦めたり、またソフトフィルターをつけたまま撮影する事も多々ありました。

そこで、脱着が容易で色々なシーンでもすぐに撮影出来るよう、レンズ前面に取り付けるタイプのプロソフトンクリアを購入しました。

まとめ

使ってみた印象としては、かなり理想的な効果で大変満足しています。地上景色の滲みが少ないのもいいですね。これでレンズ後ろに取り付ける事が出来るタイプも出てくれると嬉しいのですけど。

機材カテゴリの最新記事