大台ヶ原山から見える星空を紹介します!(奈良県上北山村)

大台ヶ原山から見える星空を紹介します!(奈良県上北山村)

奈良県最強の星空と言われる大台ヶ原山。駐車場に車を停め、夜空を見上げると
まるで宇宙に放り出された様な、深淵な星空が広がっていました。

この記事では、奈良県の宇宙であり、最強の星空スポット、大台ヶ原を紹介します。


スポンサードサーチ

大台ヶ原山について

奈良県の大台ヶ原山は奈良県(三重県にもまたがっているけど)にある標高1695.1mの山で、山頂からは、条件が揃えば富士山も見える事で有名です。朝・昼には多くのハイカーが訪れ、夜には奈良県で一番きれいな星空を見に多くの人が訪れる場所です。

4月中旬から山開きされ、11月下旬までの間、四季折々の風景、満点の星空を楽しめる場所です。

ドライブウェイも綺麗に整備されアクセスしやすい場所であると思います。

11月下旬からはドライブウェイの冬季閉鎖となりますが、車をドライウェイ入り口に駐車し、徒歩で登る方も居られます。冬の大台ヶ原は真っ白な樹氷に覆われ、夏場とは違う、幻想的な世界に変わります。

大台ヶ原の樹氷
大台ヶ原ドライブウェイの樹氷




星景写真で人気の場所は 日出ヶ岳(ひでがだけ)の展望台、または正木峠(まさきとうげ)になります。どちらも駐車場から徒歩40分程度です。

また、駐車場からでも十分キレイな星空が見ることができますよ。



大台ヶ原山の場所

奈良県の上北山村にありますが、ほぼ三重県との県境です。





スポンサードサーチ

大台ヶ原山の夜空の暗さ


奈良県では文句なしの暗さで、夏の天の川はもちろん、条件が良ければ冬の天の川も肉眼で見る事も出来ます。



光害マップでみてみますと、周囲は真っ暗ですが、尾鷲の街明かりが少し気になるかも知れません。

光害マップ


大台ヶ原の駐車場やトイレ

駐車場:在り(無料)
トイレ:在り(駐車場のみ!正木峠、展望台にはありません!)

広々とした無料の駐車場がありますが、夜でもかなりの数の車が止まっています。

夜の場合は比較的人が少ないので駐車が出来ると思いますが、ハイシーズンの早朝等は、駐車場に車を止めることが出来ない程の人が訪れ、ドライブウェイに路駐をするよう案内されます。ハイシーズンに訪れる場合は少し余裕を持って
早めに来る方が良いと思います。


また、駐車場にトイレもあり、自動販売機もあるので飲み物を確保できます。
※駐車場以外にはトイレはありませんので、正木峠や日出ヶ岳に向かう際は注意です

スポンサードサーチ

大台ヶ原の正木峠、日出ヶ岳に向かう際に必要なもの

・ライト(基本的に街灯が一切なく真っ暗です)
・登山靴や防水靴、スニーカーなど(途中、そこまでハードではないですが、岩も転がっており、コースによっては水浸しのゾーンがあります)
・防寒着(夏も長袖長ズボンは必須。羽織るものは持っていきましょう。特に、秋~春の山頂はかなり冷え込みます、特に、明け方の冷え込みは異常です。真冬の装備くらいは持って行った方が良いと思います。寒くて退散している方もチラホラ居られるので、夜~明け方まで撮影される方は、準備は万端に行きましょう!)




大台ヶ原山で撮影した星空、天の川の写真を紹介

大台ヶ原で撮影した星空や天の川の写真を、場所別に紹介します。

大台ヶ原駐車場

まずは、大台ヶ原駐車場で撮影した星空です。駐車場でもう十分な程の星空が広がっています。

大台ヶ原駐車場の星景写真
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

駐車場にはたくさんの車が止まっておりますが、皆さんマナーが良く、特に撮影に問題を感じた事はありません。

大台ヶ原駐車場の星景写真
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART


ビジターセンターと天の川。

大台ヶ原駐車場の星景写真
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

ビジターセンターの隣にある山道から、正木峠・日出ヶ岳へ向かう事ができます。(徒歩40分ほど)

いやぁ、もう正直駐車場で満足出来てしまいます(笑)

正木峠、日出ヶ岳の分岐点

駐車場から山道を登っていくと、
正木峠か日出ヶ岳へ向かう分岐点に到着します。
そこには木で作られた展望デッキがあり、
景色は良好です。ここから撮影した、
天の川のアーチ写真です。

大台ヶ原の星景写真
SAMYANG 14mm F2.8で撮影、パノラマ合成

分岐点から正木峠、日出ヶ岳へは、
数分程度で到着すると思います。
あと少し、頑張りましょう!

日出ヶ岳(山頂展望台)

分岐点から強烈な階段を上り、やっと到着です。(結構つらいです)

360度のパノラマを楽しむ事が出来る大台ヶ原山頂の展望台です。大人気の場所ですね。

大台ヶ原山頂日出ヶ岳の星景写真
SAMYANG 14mm F2.8

大台ヶ原山頂日出ヶ岳の星景写真
SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ART

冬の星座たち。夏に見られる雄大な天の川も良いですが、贅沢なほどに星が輝く冬の星空はまた、美しいですね。

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

展望台から覗くと、雲海も広がっていました。

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

正木峠

次は正木峠です。
分岐点からすぐに、白い木の階段が始まります。
個人的に大好きな場所で、
大台ヶ原に来ると、ここに来てしまいます。

正木峠といえば、立ち枯れとこの白い木製の階段ですね。この雰囲気は独特で良いですね。

大台ヶ原正木峠の星景写真
SAMYANG 14mm F2.8
大台ヶ原正木峠の星景写真
SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ART

朽ちた倒木が幻想的です。

大台ヶ原正木峠の星景写真
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

大台ヶ原正木峠の星景写真
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART


正木峠ではパノラマ合成を用いて、天の川のアーチを撮影する事が出来ました。

SAMYANG 14mm F2.8で撮影、パノラマ合成
正木峠の冬の天の川
SAMYANG 14mm F2.8
正木峠の冬の天の川
SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTで撮影、パノラマ合成

黄道光(こうどうこう)

星空を眺めていると、淡い冬の天の川の隣に淡い光の筋が見えてきました。
まるで天の川が二本流れているような不思議な光景でした。その二本が重なりあいクロスしていました。

これは黄道光(こうどうこう)と、呼ばれる現象で太陽の光によるものだそうです。秋~冬にかけて見られるそうです。

正木峠の黄道光と冬の天の川
SAMYANG 14mm F2.8
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

薄明

薄明時の天の川は美しいですね。この時点で帰られる人が沢山居ます。また、日の出を見に来られる方も正木峠に昇ってきます

大台ヶ原正木峠の星景写真
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART(パノラマ合成)

もうすぐで日の出、折角なので待ってみませんか?朝焼けもまた、感動的ですよ

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

日の出

正木峠で見る日の出です。
さっきまでの宇宙が終わり、
新しい日の始まりを感じる瞬間です。
ここもまた、壮大な雲海と日の出を見れる場合が
あるので、元気があれば待ってみたいですね。

正木峠の日の出
SIGMA 85mm F1.4 DG HSM ART(トリミングあり)

スポンサードサーチ

まとめ

奈良県の宇宙、大台ヶ原山の夜空は本当に暗く、最強の星空スポットです。綺麗な星空を見るには、天候も大切ですが、月の出入りもしっかり確認しましょう。月が出ていると、星空は綺麗に見えません。

駐車場でも十分楽しめますので、是非訪れてみて下さい!

YOUTUBE動画

2019年のゴールデンウィークに
駐車場から正木峠へ向かう動画を撮りました。
正木峠までの道のりが気になる方は、参考までにご覧ください。

また、正木峠で撮影した天の川のタイムラプス動画です。

近くの星空観測スポット

大台ヶ原駐車場に到着するまでに、ドライブウェイ途中に見晴台と呼ばれる展望スポットがあります。

他にもドライブウェイには展望スポットがありますが、見晴台は特に素晴らしいと思います。

下記の記事に纏めていますので、良ければご覧ください。

大台ヶ原ドライブウェイ 見晴台についてはこちら


奈良県(星空スポット)カテゴリの最新記事