星空の撮影にSIGMA 24-35mm F2を使って思う事や、気に入っている事

星空の撮影にSIGMA 24-35mm F2を使って思う事や、気に入っている事

主に星景写真を撮るために、購入したこのSIGMA 24-35mm F2 DG HSM ART



ズームが24-35mmという間だけに、すごく微妙な感じがするのですが、
それでも迷わず購入した理由と、星空の撮影に使っていて思う事や、その他気に入っている事などを記事にします。


スポンサードサーチ

このレンズを迷わず買った理由


何故このレンズを迷わず買ったのか。


それは、星景写真用に欲しかった24mm、35mmの単焦点レンズをこの一本でカバー出来てしまうからです。

もともと、星景写真を撮るためだけに、CANON EOS6DとSAMYANG 14mm F2.8を購入しました。 それで数か月撮影を続けていましたが、やはりもっと画角の狭いレンズが欲しくなり、調べていますと、24mmや35mmがいいんじゃないか・・・と思うようになりました。

一気に単焦点レンズを2本買うか?でも荷物がかさ張るよなぁ…と、考えていると、このSIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTを見つけてしまったんですね。

欲しいと思った焦点距離のズーム。
ズームなのにまるで単焦点並(24mm、28mm、35mm)の性能という噂。

値段的にも単焦点3本(24mm、28mm、35mm)買うよりこれ一本買った方が安いしかさ張らないので良いじゃないか。

それが理由で買いました。

微妙なズーム幅が微妙だなぁと思いますが、単焦点3本と考えたら全然アリだと思えませんか?

SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTのレンズ本体の特徴


外観は流石SIGMAのARTレンズだけあり、大きくて重いです。
とはいえ、単焦点を3本持つよりは軽いし省スペースですね。
あと、インナーフォーカスというのが良いです。ズームしても伸びません。

SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTの外観
SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTとCANON EOS5Dmark4
CANON EOS5Dmark4に装着


スポンサードサーチ

星空撮影に使っていて思う事



星景写真では微調整できる24mm単焦点レンズ。または微調整できる35mm単焦点レンズ。 このように捉えて使っています。

天の川撮影においては、焦点距離の違い=天の川の大きさの違いとなり、24mmと35mmとでは全然違うんですね。


ほぼ同じ構図で焦点距離だけ変えた写真



24mmで撮影した天の川

SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTで撮影した天の川(24mm)



35mmで撮影した天の川

SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTで撮影した天の川(35mm)

35mmですと、迫力のある天の川と風景を写せますし、24mmだと広々と写す事ができます。

星景写真  24mm側での写真

SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTで撮影した天の川(24mm)
SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTで撮影した天の川(24mm)
SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTで撮影した天の川(24mm)

星景写真 35mm側での写真

SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTで撮影した天の川(35mm)



SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTで撮影した天の川(35mm)
SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTで撮影した天の川(35mm)

このように全然違うのですが、これを一本で撮れる強みですね。レンズ交換は出来るだけしたくないですしね。





パノラマ合成写真を紹介

下記はパノラマですが、24mmで撮影した写真を数枚繋げて作成したものです。パノラマ合成を使えば、天の川を広く写す事も出来ますね。

SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTで撮影した天の川(24mmのパノラマ)


だいたい撮影するときは、24mmで撮りたいなぁとか、35mmで撮りたいなぁと思いながらこのレンズを装着するのですが、 いざ撮影してみると結構ズームリングを回して微調整しながら撮影しています。


基本は単焦点レンズを意識して、撮影位置を変えて構図を作りたいところですが、狭かったり、足場が悪いような場所ではズームに頼ってしまいます。


そういう調整は単焦点では出来ないポイントですね。





開放F2.0とコマ収差について

やはり、星景写真においては、この開放F2.0の明るさは助かります。

例えば、開放F2.8のレンズでシャッター速度30sec、F2.8で撮影するような場合、 F2.0だとシャッター速度を一段上げて15秒で撮影出来ます。

刻一刻と変わる夜空を少しでも早く撮影したいですよね。そういう意味では、この明るさで24mmも35mmも使えるのは、レンズ交換や構図作りの時間短縮になるのだと思います。

また焦点距離35mmで星が流れないシャッター速度は、500ルールによると14secくらいになります。開放F2.0という明るさがあれば、余裕を持って撮影出来ると思います。

しかし、このレンズ、開放F2.0で焦点距離24mmで撮影するとコマ収差が目立ちます。しかし、30,35mm付近ではあまり違和感がありません。また、絞れば改善するようです。

拡大した写真で紹介していきます。

開放F2.0で24mmで撮影した写真です。

F2.0 15sec iso3200

ぱっと見、そこまで深刻な出方をしているように見えませんが、 この写真の四隅(左上)を拡大したものが次の写真です。

焦点距離24mm 開放F2.0

拡大して見ると結構気になります。

こちらは焦点距離24mmでF3.5で撮影した写真の四隅を拡大したものですが、スッキリとして、かなり改善しているようです。

焦点距離24mm F3.5まで絞って撮影




次は、開放F2.0で、焦点距離を変えた写真です。

こちらは開放F2.0 焦点距離30mmで撮影。開放F2.0の24mmに比べると目立たなくなってきました。

焦点距離30mm 開放F2.0

同じく、焦点距離35mmに変えて撮影 。もうあまり目立たないです。

焦点距離35mm 開放F2.0

焦点距離24mmで撮影する場合は、開放F2.0で撮影するより、少し絞った方が良いかも知れません。

35mmで撮影するならば、開放F2.0でもそこまで気にしなくても良いのでは、と個人的に思いますが、色収差を気にするならば、少し絞った方が良いかもしれません。

その他に気に入っている事

星空の撮影以外で気に入っている事を書いていきます。

被写体に寄れるので、テーブルフォトも楽に撮れる

最短撮影距離28cmという、ぶつかる位まで寄れる。

室内の狭い所での撮影はもちろん、カフェ等で座ったままテーブルのお料理を撮れるのも良いですね。近寄り過ぎてレンズが料理にぶつからないように注意です。

SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTのテーブルフォト
立ち上る湯気もしっかり描写

また、SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTは広角なので、お店の外観もこれで撮れます。

お店に入るときは、これ一本あれば、お店の外観や室内もお料理も取れて楽です。薄暗いお店でもF2.0の明るさがあれば安心です。


また、被写体に寄って撮影し、かつ背景もしっかり映しこむ事が出来るのも、広角ならではです。

SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTの接写

開放F2.0のソフトな描写とボケ、周辺減光


この写真は、開放F2.0の最短撮影距離で撮影したものです。
ピント面はピリピリとして枯れたイチョウを鮮明に描いていますが、すーっとシルクのようにボケていきます。

SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTの接写

四隅が自然に暗くなっていて、写真の真ん中がスポットライトを当てたような感じになっています。



こちらは曽爾高原の山焼きを撮影したものです。ずっと絞って撮っていたのですが、思いつきで開放F2.0で撮影した写真です。カメラの確認画面を見て思わず「おぉ、すげー」と声を出してしまいました。

周辺減光、また全体的にソフトな描写でドラマチックな一枚に仕上がりました。

SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTの開放での撮影


その他にも開放F2.0で撮影した写真を紹介。

SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTの開放での撮影
開放F2.0
SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTの開放での撮影
開放F2.0
SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTの開放での撮影
開放F2.0
SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTの開放での撮影
開放F2.0 遠くの景色に合わせれば、手前ボケも出せます。





開放も素晴らしいですが、絞ると、また印象が違う解像感のある写真となります。

F8.0
F5.6

光芒が綺麗

絞って朝日や夕日を撮影すると、良い感じの光芒が出ます。子の出方は、かなり気に入っています。


SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTを絞って撮影
絞りF16
SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTを絞って撮影
絞りF16

スポンサードサーチ

少し不満に思うこと

気に入っているとこを紹介しましたので、不満に思う事を書いていきます。

防塵防滴仕様ではない


これはやはり、少しだけ気になりますね。

天候が悪い日では他の防塵防滴仕様レンズを使ってしまい、このSIGMA 24-35mm F2 DG HSM ARTを積極的に使えなくなります…。

レンズフードが付けにくく、取れにくい

使用しているうちに、レンズフードが異常なくらい付けにくく、また取り外しにくくなってしまいます。

SIGMAのレンズは 85mm F1.4 DG HSM ARTも使っていますが、同様の現象が起きています。

取り外す際に結構な負荷が掛かっていそうで、怖いですね・・・。
改善してほしいポイントです。



ズーム幅の狭さ


あえて書く必要はないと思ったのですが、一応書いておきます。
単焦点3つと思えば、と言いながらやはり、このズーム幅の狭さは「あと一歩…」と思う時があります。

まとめ

星空の撮影では、開放では四隅にコマ収差や色収差なんかが見えますが、絞れば使えそうです。35mm付近では、開放F2.0で撮影でもそこまで気にならないかもしれないですね。

その他にも、開放F2.0の雰囲気のある描写も素晴らしいですし、絞ればシャキッとした写真になります。

24-35mmというズーム幅は狭いですが、それなりに使っていけるレンズだと、思っています。

機材カテゴリの最新記事