SIGMA 14-24mm F2.8 ARTが星景撮影に最適だと思う3つの理由と、使っていて思う事

SIGMA 14-24mm F2.8 ARTが星景撮影に最適だと思う3つの理由と、使っていて思う事

今まで使用していたSAMYANG 14mm F2.8が壊れてしまった為、新しい広角レンズとしてSIGMA 14-24mm F2.8 ART購入したのですが・・・これがもう、素晴らしいレンズで、星空最強レンズと言われる理由が分かってきました。

SIGMA 14-24mm F2.8 ARTが星景撮影に最適である理由と、使っていて思うことをこの記事に書きます。

スポンサードサーチ

理由その1 焦点距離14-24mmという画角

星景写真を撮る上で、14mmというのは 天の川の中心から夏の大三角までスッポリと写真に納めるには有用な画角です。

しかし、焦点距離14mmというと、広すぎるので色々なものが移り込んでしまいます・・・。

あとでトリミングをすれば良いですが、出来れば撮影時になんとかしたいものです。このレンズのズーム範囲を活かし、構図を調整する事が出来ます!

下記の図は14-24mmの画角を表したものです。

SIGMA 14-24mm F2.8 画角
※この写真自体はSAMYAN 14mm F2.8で撮影したものです



では、実際に撮影した写真を焦点距離別に紹介します。

焦点距離14mmでの撮影

SIGMA 14-24mm F2.8 で撮影した写真
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

焦点距離17mmでの撮影

SIGMA 14-24mm F2.8 で撮影した写真
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

焦点距離20mmでの撮影

SIGMA 14-24mm F2.8 で撮影した写真
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

焦点距離24mmでの撮影

※24mm付近で撮影した写真が少なかったので、別のレンズ(SIGMA24-35mmF2.0)で撮影したもの


24mmではかなり迫力のある天の川になりますね

理由その2 開放F2.8通しであること

このレンズは、開放F2.8ですが全ての焦点距離でF2.8です。
いわゆる、大三元と言われるズームレンズです。

なので、焦点距離によってF値(絞り)が変わらず、固定ですので、焦点距離の変更に応じて、わざわざ設定を変える必要がありません。

また、上記で紹介している写真も、24mmでの撮影した写真以外は開放F2.8で撮影していますが、四隅の減光はありますし、コマ収差等も目立たず、問題なく撮影出来ています。

理由その3 お求めやすい価格

もう、一番の理由であっても良いんじゃないか、という理由です。
サードパーティ製のレンズで、比較的安いです。

それぞれ、純正の同等レンズと比較してみましょう。

メーカーレンズ名価格(税別)
NIKONAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED280,000円
CANONEF16-35mm F2.8LIII USM299,000円
SONYFE 16-35mm F2.8 GM295,000円
SIGMA14-24mm F2.8 DG HSM ART190,000円

※各メーカーHPの希望小売価格より

SIGMAが10万円近く安いですね。
しかし、安いといっても”比較的”なだけであり、 やっぱり高いです・・・笑
(希望小売価格ですので、実際はもう少し値下がりしています)

SIGMA14-24mm F2.8の口コミ

さて、値段が安いのは分かりましたが、実際どうなんでしょう?
私も使っていますが、口コミを見てみましょう。


またテスト撮影しかしておりませんが、期待以上の性能だと感じます。
どれほど歪みがないのかを体験してみて、正直、感動しました。
最短撮影距離とも相まって、広角ズームで背景を綺麗にぼかせるというのはかなりの武器になりそうです。
パープルフリンジもほとんど感じません。対逆光性能も12-24mmF4.5-5.6に比べると別次元です。
重さがありますが、それはこの性能を実現するためのトレードオフと考えれば我慢できます。
欲をいえばきりがないですし、シグマのARTシリーズ、おそるべしです。

引用元 楽天



無理に奮発して購入した甲斐がありました。解放f2.8でも周辺減光や、コマ収差も想定より目立たなく満足です。星景撮影初心者ですが、先日、精進湖パノラマ台にて、天の川撮影。ガッツリ濃く撮影できました。(YouTube公開済み)今後、自分の星景主力レンズになります。(^。^) 

引用元 楽天


口コミはかなり良い感じですね・・・。
そして、マイナス要素として「重たい」という意見もあります。

どれほど重たいのか、メーカー別に比較

先ほどの各メーカーのレンズと重さを比較してみましょう

メーカーレンズ名質量
NIKONAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED970g
CANONEF16-35mm F2.8LIII USM790g
SONYFE 16-35mm F2.8 GM680g
SIGMA14-24mm F2.8 DG HSM ART1,150g

SONYはミラーレス用だけあって、軽いですね。
しかし、シグマだけ、1kgを超えています・・・。

その次に重いNIKONの AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED より、+180gも重たいです

SIGMA14-24mm F2.8(1,150g)とカメラ(CANON EOS5DmarkⅣ バッテリーやカード込みで890g)で、計2,040gで、なんと約2kg超えの重さになります。

2kgというと、2リットルの水入りペットボトルと同等です。重たい・・・。

CANON EOS5DmarkⅣにSIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTを装着

使っていて思うこと

先ほど口コミを紹介しましたが、その他にも使っていて思うことを書いていきます。

星空の撮影には大満足

開放F2.8でも十分撮影出来ますし、画質に不満はありません。

ほとんど歪まない

このレンズ、メーカーサイトでも「ゼロディストーション」を謳っています。今まで使っていた14mmの某レンズなんかは、直線なんかを撮影するとウニョーンと歪んでいたんですね。

広角ってそんなものなのかなぁと思いながら、このレンズで撮影して、その歪みの無さにすぐ気づきました。街中のビルや水平線など、まっすぐなものを撮影すると気持ち良いです。

SIGMA 14-24mm F2.8 で撮影した写真

星空撮影での持ち出し機材が変わった

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTを手に入れるまでは、下記の二つのレンズを持ち出していました。

SAMYANG 14mm F2.8
SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ART



天の川は14mmで撮影したいですが、どうしても色々映りこんでしまう時は、24-35mmで撮影するために、レンズを2つ持っていましたが、14-24mmを手に入れてからは、これ一本で撮影に行くことが多くなりました。上記していますが、この画角で何とかなる事が多いからです。
(もちろん、ガッツリ撮影しに行くときは他のレンズも持っていきます)

星空撮影では14-20mmで使うことが多い

24mmまで使えますが、星空撮影では、だいたい20mmまでしか使っていないようです。それくらいで、画角が何とかなる事が多いです。

24mmで撮影する事もありますが、かなり少ないですね。

光芒が綺麗に出る

こちらの写真は、太陽に向けてF22まで絞って撮影したものです。
ギザギザと綺麗な光芒が出ています。
好みもありますが、個人的には結構好きです。

SIGMA 14-24mm F2.8 で撮影した写真

やっぱり、重たい・・・

先程も言った通り、カメラとセットでは約2kg、2リットルの水入りペットボトルを持ってる様なものです。結構疲れます。

SIGMA 14mm F1.8 ARTと最後まで悩んだ

実は同じメーカーから14mm単焦点レンズも発売されています。

こちらはズーム出来ませんが、なんと、F1.8という明るさがあります。
F2.8より1段以上も明るいのです。

これは非常に魅力的で、例えばF2.8 30秒で撮影するような写真でも、F1.8 13秒でほぼ同じ明るさの撮影が出来ます。

なんと17秒も時間を短縮することが出来ます。これは大きい。

撮影時間と同じ時間の処理時間が必要なノイズリダクションを使っているなら、その効果は更に大きくなりますね。

もちろん、F1.8 30秒なら更に明るい写真が撮れます・・・またISOを落としてノイズを少なくする事も出来ます。



それでも、14-24mm F2.8を選んだ理由は、トリミング前提での撮影を減らしたかった事、そして、星空以外の撮影でも、積極的に使いたかったからです。

実際、以前使用していたSAMYANG 14mm F2.8は星空撮影以外ではあまり持ち出すことはありませんでしたが、14-24mmは一般の撮影でも結構持ち出して使っています。

まとめ

まずは、やはり重たいです。首、肩がおかしくなりそうです。まぁ、慣れですかね・・・でも、それでもメインで使っていきたい魅力があります。

もっと早く購入しておけば良かったなぁと、正直思っています。

これからも、末永く使っていくことになりそうです!

機材カテゴリの最新記事