【レンズ購入】SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTの購入理由、開封、外観

【レンズ購入】SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTの購入理由、開封、外観

ついにSIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTを購入しました。

元々は夏のボーナスまで待つつもりでしたが、SAMYANG 14mm F2.8のレンズ面にキズが入ってしまった事と、何とか修理して使えるようになっているものの、精神的に良くない事もあり、このGWに使い倒す為にSIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTを購入しました。


スポンサードサーチ

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTを購入した理由

もともとは、SIGMA 14mm F1.8 ARTの購入も検討していました。

SIGMAの単焦点はSIGMA 85mm F1.4 DG HSM ARTを使っていますが、凄く解像してくれるため、14mmでもそれを期待して使いたいなぁと思っていました。

またF1.8という明るさは星景写真でも役立ちそうだし、普段使いでもその明るさを生かした写真も撮れるかなぁ思っていました。



ですが、やはりズームレンズで調整出来るというポイント、これが大きかった。実際、SAMYANG 14mm F2.8を使っていて、「あと少しだけ寄れないかな…」って思う場面がたまにあります。

まぁ、そういう場合はあとでトリミングとかをするのですが、出来れば撮影時になんとかしたいものです。

というわけで、F1.8の魅力もありますが、14-24mmのズームの魅力にひかれて、こちらを購入しました。




開封の儀

早速開けていきます。この瞬間が一番ワクワクしますよね!しかし、モノトーンの箱でシンプルでオシャレです。

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTの外箱
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTの外箱

開けてみました。

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTの外箱を開ける

取り出してみた。SIGMAの保護ケースは保護力が高めで好きです。カバンに入りきらない時なんかは、このケース入れて持ち運びますが重宝しています。

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTの箱の中身

ケースから取り出してみた。

ビニールに包まれたSIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

袋から取り出し、保護キャップを外してみた。レンズキャップは本当に被せるだけでロック機構などはありません。

程よく抵抗があるのでそうそう簡単には外れないと思います。SAMYANG 14mm F2.8の様に被せてロック、ではないので一瞬取り外し方が分からなかった。

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

スポンサードサーチ

CANON EOS5Dmark4に装着

早速CANON EOS5Dmark4に付けてみた。でかい。重い。と思ったけどSIGMAのArtレンズは3本目、この大きさと重さは慣れてきました。でも、この重さ、山登りとかに地味にききそうだ。SAMYANG 14mm F2.8が軽かっただけに。

CANON EOS5Dmark4とSIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART
CANON EOS5Dmark4とSIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

24mmの時と14mmの時では本体の長さは変わりませんが、前玉の出方が変わります。収納するときは24mmの方にして引っ込めておいた方が精神的に良さそうですね。

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTの前玉 24mm
24mmの時

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTの前玉 14mm
14mmの時。24mmの時に比べ、前玉がせり出しているのが分かる。

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTとSAMYANG 14mm F2.8の外観比較

並べてみると、SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTの大きさが分かりますね。

SAMYANG  14mm F2.8とSIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTを並べた
SAMYANG  14mm F2.8とSIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTを並べた


スポンサードサーチ

SAMYANG 14mm F2.8はどうするか

さて、本来ならSAMYANG 14mm F2.8を手放す所ですが、サブとして残しておきます。前玉にキズが入ってしまっているものの、星景写真ではそこまで影響がない為、インターバル撮影用に使おうかと思っています。

今まで、14mmでインターバル撮影してると、14mmが使えないという事になりましたが、今は14mmをカバーするレンズが二本あるのでその問題は解決しましたし。

まぁ、今回SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTを購入して分かりますが、SAMYANG 14mm F2.8はコスパも良く、軽いし良いレンズですね。

気軽に使えてた分、今回からSIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTはかなり慎重に使うようになりそうです。

関連記事

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTを使ってみた感想の記事はこちら

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTのズームによる画角の変化についての記事はこちら



機材カテゴリの最新記事