2022年5月の星空・天の川の撮影候補日(見え方、方角、見える日など)

2022年5月の星空・天の川の撮影候補日(見え方、方角、見える日など)

2022年5月の天の川の見える方角、見え方と月の出入り、個人的な撮影候補日をこの記事に纏めます。
(奈良県を基準に作成しています)

スポンサードサーチ

2022年5月の天の川の方角と見え方

1日(新月)の日の20:11の星空。西の空に大きく傾く冬の天の川。オリオン座も沈んでいます。

5月 星空

1日 23:43頃。東の水平線が見える様な場所では、天の川もぼちぼちと撮影出来そうです。

2022年 5月 天の川

夜空が明るくなり始める3:37の星空。天の川は南の空に立ち昇っています。

5月 天の川

画像は「ステラリウム」より引用。

2022年5月の月の出入カレンダーと星空・天の川観測の候補日

夜になっても月が出ていると星空は綺麗に見えません。特に満月の夜は星空観測には適していません。下記に月齢と月の出入を纏めました。

また、夜空が暗い時間帯は日の出入1時間半前後を目安に。

2022年 天の川

データは「国立天文台 各地のこよみ」より参照。

2022年5月は月初と月末に新月の日があります。

1日~4日は新月の為、月明かりにを気にせず星空・天の川を観測出来そうです。特に期間はゴールデンウィークの方も重なるので、星空撮影に出かけやすいですね。

5日~13日は月の入(月が沈む)から夜明けまで。

18日~27日は日が沈んでから月の出まで。天の川を撮影する場合は、天の川が見える時間も気を付けた方が良いです。

28日~31日は新月の影響で月明かりにを気にせず星空、天の川を観測出来そうです。

※主観的な撮影候補を記載しています。また月が出ていない時間帯に限定して記載しました。しかし月が出ていても月齢や月の位置よっては天の川は見える事もあります。月明かりを利用して撮影するのも面白いです。

スポンサードサーチ

実際に5月に撮影した星空を紹介

2019/5/3 2:39。良い感じに天の川が立ち昇っています。

may milkyway

2018/5/15 3:17。カメラを縦にして撮影するのも楽しいですね。

5月 天の川

2019/5/3 4:09。夜明けに消えていく天の川。

5月 星空

2021年5月、大台ヶ原山の山頂まで星空撮影に行ってきた様子を、SONY a7SⅢで動画撮影しました。タイムラプスではない、リアルタイムの動画にて星空と天の川、山頂の様子を撮影。実際の見た目に近い雰囲気になっています。

参考記事:星空動画、始めました(Sony a7SⅢ)使用機材など【星景動画】

YouTubeチャンネル「星を撮りに行く」では星空撮影の様子や、現地の様子を動画で紹介しています (高評価、チャンネル登録頂けるととても励みになります)

ソニーストア

綺麗な星空・天の川を見る方法

天の川を見るには時間や月の出入以外にも天候や場所が重要です。


こちらの記事に場所の選び方、天候の調べ方等も記載していますので、特に星空観測に慣れていない方はご覧ください。

参考記事:綺麗な星空で天の川を見る方法

2022年の撮影候補日を纏めています

2022年撮影候補日
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月