池原ダムから見える星空と天の川を紹介します(奈良県下北山村)【星景写真】

池原ダムから見える星空と天の川を紹介します(奈良県下北山村)【星景写真】

奈良県下北山村にある池原ダムに、星空を撮影に行きましたので、記事にします。

スポンサードサーチ

池原ダムについて

高さ110メートルのアーチ式コンクリートダムで、日本の大規模なダムの一つです。
壮大で見応えのあるダムです。

夏の池原ダム
夏の池原ダム。ミンミンセミが鳴いて夏らしい風景でした。

池原ダムの場所

池原ダムの夜空の暗さ

池原ダムの光害マップ
光害マップ

公害マップでは1.84となっており、かなり明るいですね。これはダムに設置されている照明の影響のようです。しかし、照明が消えていれば、冬の天の川も肉眼で見えているかな?というレベルの暗さなので、夜空自体はかなり暗いと思います。

ダムの照明が点灯していたり、消えていたりする基準は分かりませんが、消えていると撮影チャンスですね。


全天球カメラ(THETA S)で池原ダムの星空を撮影しました。下記をクリックし、読み込みすれば閲覧出来ます。

池原ダム – Spherical Image – RICOH THETA

池原ダムの人の多さ

撮影者は私だけでしたが、数台車を停めて休憩されている方が居られました。

池原ダムの駐車場・トイレ

駐車場はありませんが、広いスペースがあるので駐車は問題なく出来ると思います。トイレはありません。

池原ダムで撮影した星空・天の川の写真を紹介

池原ダムと冬の天の川を撮影したものです。

淡い冬の天の川が写真に写り込む程の暗さはありますが、ダムの街灯の明かりが強すぎて、撮影に影響が出る程です。

池原ダムの星空と天の川
SAMYANG 14mm F2.8

しかし・・・2019年11月30日に通り掛かると、なんと上記写真の奥に見えている照明が消えていました。これは星空撮影のチャンスかも知れない。という事で撮影してみました。

堤防の奥の方に行ってみました。照明が消えている為、足元も真っ暗ですね。堤防の上はかなり広い道になっています。

池原ダムの星空と天の川
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

堤防からダム湖を覗いて撮影してみました。奥川に見える明るい所は、水門と管理施設の様です。奥の照明もかなり明るい為、撮影にはハーフNDフィルター(ソフトND32)を用いて、写真の下半分を減光しました。

池原ダムの星空と天の川
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

堤防の反対側を覗くと、北山スポーツ公園が見えます。キャンプ場なのかな?テントが見えます。

池原ダムの星空
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

西の空に傾く天の川も見えていました。手前の山がかなり明るく映り、照明が強い事が分かります。

池原ダムの星空と天の川
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

北山スポーツ公園を眼下に、天の川が流れていました。なかなか、良いロケーションですね。

池原ダムの星空と天の川
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART
池原ダムの星空と天の川
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

水門の方へ少し移動して撮影しました。地上部分がかなり明るいので、ソフトフィルターを使えませんでした。

池原ダムの星空
Carl Zeiss Planar T*1.4/50 ZE

というわけで、地上部分と星空部分を別撮りし合成しましたが、やっつけ感が出てしまいました。

池原ダムの星空
Carl Zeiss Planar T*1.4/50 ZE

水門、管理施設の方まで来ましたが、かなり明るく、星空撮影というよりかは工場夜景の撮影みたいな雰囲気になっていました。

そんな中、水門から星空を撮影してみました。水門側は星空撮影には向いていないですね。

池原ダムの星空
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

まとめ

星空は綺麗ですが、ダム照明が点灯していると、星空は綺麗に見る事は出来ませんし、撮影も難しいです。しかし、条件は分かりませんがこの照明の一部が消えている日があるため、その場合は撮影のチャンスですね。

★このブログでは奈良県各地の星空撮影記録を記事にしています。下記にまとめておりますので、宜しければご覧ください。

→奈良県各地の星空撮影記録・まとめ記事を読む

奈良県(星空スポット)カテゴリの最新記事