Sony α7SIIIが届いたので、まずは雑感(レビュー)

Sony α7SIIIが届いたので、まずは雑感(レビュー)

ついに、Sony α7SIIIが届きました。

いやー、予約してからはほんと、興奮して眠れない夜があったほど、楽しみにしていました。


しかし、長かったなぁ、やっと来たなぁ。


ということで、まだ使いこなせている状況ではありませんが、手に取った雑感や開封の儀なんかを記事にしたいと思います。

※今までメインで使ってきたCANON EOS5DmarkⅣ(以下5D4)との比較もして行きたいと思います。

スポンサードサーチ

Sony α7SIIIの購入理由

Sony α7SIII(以下S3)の購入理由はずばり、星空動画の撮影でした。

拡張ISO感度409,600という感度があります。旧モデルのS2も同様のISO感度ではあり、こちらも星空を動画で撮影出来るようですが、折角購入するなら、新型のS3にしようと思った次第です。

ということなので、主な使用目的は動画ですが、実際使ってみると写真もかなり良さそうなので今後ジックリ使っていきたい所です。

開封の儀

ソニーストアで購入した為、ソニーのテープが張られた段ボールが届きました。2箱届いたのは、あとで注文した「CFexpress Type A 80GB」が別箱で来た為。下の大きな箱がS3ですが、大きすぎですね。まぁ、安心感はありますが。

sony α7SIII 開封

出てきました。やっとこの時が・・・!

sony α7SM3 開封

中身を取り出した様子。これですべて。

sony α7SIII 開封

さて、初対面!かっこいい!(電池が残量0で動かず・・・USB給電でとりあえず動かしました;;)

sony α7SIII

スポンサードサーチ

触った感想

・小さい
・軽い

この二つが第一印象です。

そりゃ一眼レフ機の5D4を使っていれば当然の感想だとは思います。

グリップについては、正直握りにくい。コンパクトなボディなので仕方はないかもしれないですが、中指の側面が痛くなります。軽量と言えど、長時間の使用はちょっと指がしんどいかも知れません。

5D4はゴツくて重いものの、とても握りやすいです。

α7SIIIと5D4の外観比較

5D4並べてみると、かなりS3はかなりコンパクトなのが分かりますね。

sony α7SIII 比較
sony α7SM3 比較
sony α7SIII 比較

スポンサードサーチ

操作に関して

各種ボタンについては右側に集中しており、使いやすいです。親指である程度のボタンにアクセスできるのが良いですね。

sony α7SIII ボタン

5D4は左側に縦一列にボタンが配置されており、これが地味に使いにくいです。

CANON EOS5DmarkⅣ ボタン


ISO、絞り、SSの設定等については、5D4より使いやすいと感じました。ファインダーを覗きながらでも対応できるため、なかなか良いなぁと。

その他の細かな設定についても、メニューが分かりやすく整理されているため、そこまで迷わず使う事が出来ました。

Sony a7SIIIで撮影した映像

早速大雨の中、撮影してきました。
雨なので無理な撮影が出来ず、ただのお散歩動画です。


ピクチャープロファイルはPP9(S-LOG3)
PCに取り込んでから、色を調整しています。
記録方式はXAVC HS 4K 24p。
(スローモーションはXAVC S HD 240fps 24p(10倍スロー))

全て手振れ補正 アクティブモードで撮影しています。(画面がクロップされます)

スポンサードサーチ

α7SIIIの拡張感度ISO409,600のノイズ

ISO409,600で撮影した写真を、高感度ノイズ低減機能のON、OFF別に紹介します。

高感度ノイズ低減 標準

ISO409600 ノイズ低減
ISO409600 ノイズ低減

高感度ノイズ低減 弱

ISO409600 ノイズ低減
ISO409600 ノイズ低減


高感度ノイズ低減 切

ISO409600
ISO409600

ノイジーではあるものの、そこまで酷いレベルではない、という印象でした。

高感度ノイズ低減については、標準にしておくとノイズは抑えてくれますが、ヌメっとした絵になり少し気持ち悪いです。弱にするか、あえて切った方が良いかも知れないですね。

また、ノイズ低減を切った状態でモノクロにすると、このノイズが良い具合の粒状感になります。

ISO409600 粒状感


動画でもISO409,600で撮影しました。先ほどの動画の後半で紹介していますが、暗視カメラのようで、肉眼以上に明るく写す事が出来ます。ノイジーではありますが、割と使えるレベルではないか?という印象があります。

暗がりでライトが無くても、カメラモニター見ながらなら安全に歩けるんじゃないか、というレベルです。(あまりに真っ暗なら難しいかもですが)

電子式ビューファインダー(EVF)

944万ドットのEVFを搭載。

と言っても、私は今まで光学ファインダーしか使ってきていないので、これの凄さがよくわからないけれど、正直使った印象は「映像がめっちゃ綺麗」でした。

凄く精細な映像でMFでのピント合わせも楽、更にピントリングを回すだけで拡大表示してくれるので、スピーディにピント合わせが出来ます。よく言われる映像の遅延なんかも、ほとんど感じませんでした。(まぁ、私は普段、早い動きモノを撮影する事がないので、そこまでシビアに見てないからかも知れませんが)


絞り値やクリエイティブルックによる明るさ、色味の変化もリアルタイムに反映されるので、ファインダーを覗きながら出来上がる写真のイメージはしやすいなぁという印象。

(ただし、EFマウントのCarl Zeiss Planar T*1.4/50 ZEをMC-11使った場合、MF時に自動拡大は作動せず・・・また絞り値による被写界深度の変化も反映されなかったので、全てのレンズで動作するわけではなさそうです…要検証)

AFの性能

SIGMA 24mm F1.4 art(Eマウント用)を使用しAFを試してみましたが、5D4と比べると恐ろしい程のAF性能です。

人物を映した時は瞳をガッチリと捉えてくれます。

動画では5D4ではモッサリとした動きでAFを合わせていましたが、S3はサクサクと素早い動作でAFが動きます。瞳AF、トラッキングも問題ありません。

SIGMAレンズはMC-11で問題なくAF作動


また、EFマウントのレンズをEマウントで使用できるSIGMAのMC-11を使用して、SIGMAのEFマウントレンズを試しましたが問題なく作動しました。(SIGMA 85mm F1.4 DG HSM ART、SIGMA 24-35mm F2 DG HSM ART)

しかし、CANON EF70-200mm F2.8L IS III USMを装着した場合、写真での瞳AFの動作が少し不安定だったり、動画では全くAFが機能しない等がありました。


やはりMC-11はSIGMAレンズ対応か・・・。

手振れ補正アクティブモードがスゴイ

手振れ補正はスタンダートとアクティブの二種類があります。

スタンダートモードは写真、動画撮影に有効ですが、アクティブモードは動画のみ使用できます。

アクティブモードでは画面がクロップされてしまいますが、凄まじい手振れ補正を実現します。

ビチっと立ち止まって撮影すれば、まるで三脚を使ったかのような映像になります。


三脚を取り出すのが面倒、または持ち込み禁止の場所でも有効に使っていけそうですし、ジンバルと併用すればよりスムーズな映像が撮影出来そうです。


しかし、MC-11介してCANON EF70-200mm F2.8L IS III USMで使用した場合、アクティブモードが選択出来ませんでした。レンズによっては使えないのかも知れません。(SIGMA EFマウントレンズでは選択可能)

クリエイティブルックの色味が良い

クリエイティブルックを変更すると、写真の仕上がりを変更する事が出来ます。キヤノンでいうところの、ピクチャースタイルでしょうか?

10種類程あり、全てをじっくり試したわけではないですが、なかなか写真が良い感じに仕上がります(動画にも反映されます)。下記の写真はクリエイティブルック「SH」で撮影したもの。また、各クリエイティブルックはハイライト、シャドウ、明瞭度等を微調整できます。

クリエイティブルック SH

その他、気付いた事

ケーブルカバーが使いやすい

ケーブルカバーですが、これがまた使いやすい。開けたらしっかりと開きます。一方5D4はラバーになっており、開けてもまたグイっとラバーを持ち上げないといけません。S3はキッチリとしているので抜き差しもしやすいですし、気持ちが良いですね。

α7SIII ケーブルカバー

ストラップのリングが動かない

こちら、ストラップをつける部分です。一見、カチカチと音を立てて動きそうですが、少し力を加えないと動きません。動画撮影中にカチカチと音が入らないための配慮だとは思いますが、こういう点は嬉しいですね。

α7SIII ストラップ

まぁ、5D4なんてボディに完全に固定されているのですが。(こっちのほうが耐久性もありそう)

CANON EOS5DmarkⅣ ストラップ

5D4と電池パックの向きが逆

めっちゃ細かい気付きなんですが、電池パックを入れる向きが5D4と逆です。電池パックの丸くなっている方をボディ内側にしていれる必要があります。これ、最初全く気付かなくて「なんで入らないんだ??」と焦りました・・・いや、これキヤノンのカメラに慣れてるとめっちゃ違和感ないですかね・・・。

α7SIII バッテリー

まとめ

まだ昨日届いたばかりで使いこなせてはいませんが、ざっと最初に思った感想や使用感を書いてみました。

高感度にもかなり強く、これからの動画制作が楽しくなりそうなカメラです。もちろん、動画だけでなく写真もかなり素晴らしいです。

今後、もう少しジックリと各機能も色々紹介していきたいと思います。

機材カテゴリの最新記事