YOCILOのカメラホルスター(キャプチャー)を使ってみたよ【撮影が快適】

YOCILOのカメラホルスター(キャプチャー)を使ってみたよ【撮影が快適】

YOCILO カメラ クイックリリース カメラホルスターというキャプチャーを購入しましたので、購入理由やしばらく使ってみた感想を記事にしたいと思います。



キャプチャーは気になるけど、安くすませたい・・・






という方には、オススメかも。(少々、難あり。後述します)


スポンサードサーチ

キャプチャーってなに?

キャプチャーは、リュックの肩紐や、ズボンのベルトなどにカメラを固定するための器具です。

両手でカメラを持たなくてもカメラを体に固定出来ますので、バッグにカメラをしまうのが面倒なちょっとした移動時や、両手が塞がるような状況などに重宝します。


また、すぐにカメラをキャプチャーから取り外して撮影出来るのも魅力ですね。バッグにしまっていると、取り出すだけでも時間がかかりますので。

YOCILOのカメラキャプチャーを購入した理由


キャプチャーといえば、ピークデザインです。


が、しかし、値段がそれなりにします・・・。


実際使ってみて「やっぱり違う」ってなるかも知れない・・・安価なものでまずは試してみたいと思い、比較的値段も安いYOCILOのキャプチャーを選定しました。

スポンサードサーチ

YOCILO のキャプチャーを紹介


材質は金属で、割としっかりしている感があります。 高品質アルミ合金製、フルCNC精密加工とのこと。色は赤と青の二色。

使用感が出ていますが・・・。




ホルダーの両側にネジがあるため、これらを緩めれば半分に分かれるので、リュックの肩紐などに取り付けます。



クイックリリースプレートをカメラに取り付けます。

画像ではL字プレートに取り付けてますが、無くてもカメラに取り付けできます。




ちなみに、このプレートはアルカスイス互換になっているので、アルカスイス互換の雲台に取り付けできるのも魅力です。

プレートロックは二つ

安全のためにロックが二つあります。

クイックリリースプレートをホルダーに差し込むと自動で掛かるロックと、ネジで締め込んで外れ無くする事ができる、二つです。

自動ロックを取り外すときは、下記写真左側にある赤色の突起を押し込むとロックが解除できます。素早い解除が出来ますね。

右側にあるネジを回せば、手動でロック出来ます。さらに安全性を高めるには良いですね。




しかし、カチャカチャと5回くらい取り外していると、自動ロックが掛からなくなりました。どうやら壊れてしまったようです。



ロック機構の耐久性に難があるのか、当たりが悪かったのかは分かりませんが、一応ネジを締め込んでロック出来るので良いか、と思っておきます。

YOCILO キャプチャーを実際に取り付けてみた

ピークデザインのエブリデイバックパック(30L)の肩紐に取り付けてみました。

カメラを取り付けてみたところ


横からだとこんな感じに

また、ベルトをはさむ溝は、幅62.43mm、厚さ10mmとなっています。だいたいのベルトをはさむ事は出来そうですが、事前にしっかり調べた方が良いですね。(口コミによると、ギリギリの厚さだと取り付け出来なかったという意見もありました)


リュック以外にも、腰ベルトやその他にも取り付け出来ます




スポンサードサーチ

実際使ってみた感想


正直言って、めっちゃ楽でした。


ちょっとした移動の時でも、首から提げている状態ですと首への負担もありますし、プラプラと揺れるのも、どこかにぶつかりそうで心配です。


しかし、キャプチャーにカメラを固定しておけば、首への負担も軽減できますし、両手はフリーになりますし、カメラがプラプラしません。

すぐに撮影出来るのは本当にありがたい!



残念ながら片方のロックが早々に壊れてしまいましたが、反対側のネジでロックが出来るため、特に使用上は問題ありません。


いやぁ、これはスゴイ‼もっと早く導入すべきでした



使用上の注意点

少し取り付け位置が悪いとホルダーの角が胸に食い込んで痛いので、しっかりと取り付け位置を調整する必要があります。(この製品に限った事ではないと思いますが)


キャプチャーを利用する際は、ストラップなどを首にかけた方が良いです。落下する気配はありませんが、念のため。


ベルトを挟むネジの部分が、使用していると少しだけ緩んでくるようです。定期的に締めて使っていけば問題はありません。


スポンサードサーチ

YOCILO キャプチャーのまとめ


今回購入したのは YOCILO カメラホルスター(キャプチャー)でした。


購入して早々、ロック機構が壊れてしまったものの、コストパフォーマンスを考えたらこちらを選んで良かったと思っています




当たり外れかもしれませんが、ロック機構が気になるならオススメ出来ませんが、もう片方のネジだけで対応できるので、コスパ優先したいのであればオススメできます。

ただ、次買い直すならピークデサインのキャプチャーを選ぶかもしれません。

理由は、現行のピークデザインのキャプチャー(V3)の方がホルダー部分の横幅が83mmで、YOCILOの95mmより12mも短く、コンパクトになっているからです。これにより、ホルダーの角が胸に食い込むのがマシになる・・・かもしれないと思うので。(位置を調整すれば食い込まないので、問題はないのだけれど・・・)




キャプチャーを使って快適に撮影を楽しみましょう

機材カテゴリの最新記事