若草山の星空を撮影に行きました(奈良県奈良市)

若草山の星空を撮影に行きました(奈良県奈良市)

奈良県奈良市春日野町の若草山 山頂展望台へ夜景と星空の撮影に行きましたので紹介します。


スポンサードサーチ

若草山について

標高342mの山頂展望台からは奈良市街の夜景を見渡す事が出来ます。その圧巻の夜景は新日本三大夜景の一つとしても知られています。

山頂には大型前方後円墳である鶯塚古墳もあります。

毎年1月第四土曜に行われる若草山の山焼きも有名です。

若草山山焼き
若草山の山焼き(比較明合成です)

若草山の場所

スポンサードサーチ

若草山 山頂展望台の駐車場やトイレ

車45台を停められる広い無料駐車場あり。24h使用できるトイレもあります。

尚、駐車場から展望台は徒歩5分程度です。展望台までは足元が見える程度の照明が灯っていますが、足元が見えづらい場所もありますのでライトなどがあった方が良いです。(深夜になると消灯となります)

若草山 山頂展望台へ向かう方法

ドラブウェイを車で通っていく方法と、徒歩で登る方法があります。

しかし、夜景や星空を見るのでしたら、営業時間的にドラブウェイを車で走る必要があります。

車の場合
若草山ドライブウェイ新若草山コース

料金:普通車520円、大型車2080円、二輪車(50cc以上)370円。

営業時間:8:00~23:00(12月1日~3月15日は22:00まで)

ゲートから山頂展望台まで車で10分程度



徒歩登山の場合
若草山ゲート(北ゲート、南ゲートの二カ所あり)

入山料:中学生以上150円、3歳以上80円

営業時間:9:00~17:00

ゲートから山頂展望台まで徒歩30~40分程度

スポンサードサーチ

若草山 山頂展望台の夜空の暗さ

光害マップ

夜景が見える西側の空は明るいですが、それ以外は程よく星が見えていました。(正直以外でした)


とはいえ、光害マップを見ても分かるように、天体観測するには明るすぎではありますが夜景のついでに星空を見上げてもそれなりに楽しめるとは思います。


展望台自体は足元の照明があるものの、そこまで明るくはありませんので、星空を撮影するならそこまで影響無く撮影出来ます。

若草山 山頂展望台で撮影した星空の全天写真

全天球カメラ(RICOH THETA S)で星空の全天写真を撮影しました。夜景部分が白とびしていますが、星空はそれなりに写りました。下記のClick to palyをクリックすれば閲覧する事が出来ます。

wakakusayama – Spherical Image – RICOH THETA

スポンサードサーチ

若草山 山頂展望台で撮影した夜景と星空の写真を紹介

まずはJPEG撮って出しです。流石に夜景の明かりが強すぎるので、光害カットフィルターのKANI LPRF Light Pollution Reduction Filterと、ハーフNDフィルターのNiSi Soft nano GND(32)を併用して撮影しています。撮って出しでもかなり良い感じになります。

若草山の夜景と星空
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART+KANI LPRF+NiSi Soft nano GND(32)

ちなみに、光害カットフィルターとハーフNDを使わないで撮影すると、夜景部分が白飛びし、淡い星の光と一緒に撮影するのが難しくなります。

若草山の夜景と星空
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

以降はレタッチした写真で紹介していきます。冬の天の川も僅かですが写真には写っているようです(肉眼では見えていませんでした)

若草山の夜景と星空
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART + KANI LPRF + NiSi Soft nano GND(32)

こちらは鶯塚古墳側です。北側の北極星を中心に撮影しており、カシオペア座と北斗七星が左右に写っています。

若草山の夜景と星空
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART + KANI LPRF + NiSi Soft nano GND(32)

少し暗いですが、こちらが登山道かな?

若草山の夜景と星空
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART + KANI LPRF + NiSi Soft nano GND(32)

登山道を少し下ってみて撮影。

若草山の夜景と星空
S SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART + KANI LPRF + NiSi Soft nano GND(32)


撮影していると、足元の照明が消灯されました。照明があると赤く照らされていた木も、良い具合にシルエットになりました。下記の画像をクリックして見て頂ければ分かりますが、左下の方にカノープスが写っています。撮影時は気付かなかったけど。

若草山の夜景と星空
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART + KANI LPRF + NiSi Soft nano GND(32)

この木が、なかなかいい仕事をしてくれますね。しかし、使用しているソフトフィルターに縦傷が入っており、右下の夜景部分から光の筋が伸びてしまいました・・・。

若草山の夜景と星空
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART + KANI LPRF + NiSi Soft nano GND(32)
若草山の夜景と星空
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART + KANI LPRF + NiSi Soft nano GND(32)

実は結構沢山の人(若者)が訪れていました。絶え間なく訪れていたので、人が途絶える事はありませんでした。

若草山の夜景と星空
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART + KANI LPRF + NiSi Soft nano GND(32)
若草山の夜景と星空
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART + KANI LPRF + NiSi Soft nano GND(32)
若草山の夜景と星空
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART + KANI LPRF
若草山の夜景と星空
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART + KANI LPRF + NiSi Soft nano GND(32)


スタートレイル撮影もしました。30分程のインターバル撮影で、比較明合成です。

若草山の夜景と星空
CANON EF24-70mm F4L IS USM + KANI LPRF  + NiSi Soft nano GND(32)
若草山の夜景と星空
CANON EF24-70mm F4L IS USM
若草山の夜景と星空
SAMYANG 14mm F2.8

まとめ

圧巻の夜景が見える場所なので、星空の撮影は難しいか、と思っておりましたが光害カットフィルター(KANI LPRF)ハーフNDフィルター(NiSi Soft nano GND(32))を併用する事でなんとかなりました。

また、星も西側の空以外は意外と見えていたので、夜景のついでに星空を見上げてみるのも良いかと思います。



☆このブログでは奈良県各地の星空撮影記録を記事にしています。下記に纏めておりますので宜しければご覧ください。

→奈良県各地の星空撮影記録 まとめ記事を読む

☆今回利用したハーフNDフィルターと光害カットフィルターの効果について詳細に纏めた記事は下記になります。
→「夜景と星空を撮影!光害カット&ハーフNDフィルターの効果は?」を読む

奈良県の星空撮影記録カテゴリの最新記事