SIGMA 14mm F1.8 DG HSM ARTで撮影してきた!【レビュー】

SIGMA 14mm F1.8 DG HSM ARTで撮影してきた!【レビュー】

今回、SIGMA 14mm F1.8 DG HSM ARTを手に入れました。

早速色々と撮影してきましたので、ファーストインプレッションを記事にしたいと思います。

※星空撮影に関する記事は下記に纏めています。
→SIGMA 14mm F1.8 DG HSM ARTを星空撮影に使用して思う事【レビュー】

スポンサードサーチ

SIGMA 14mm F1.8 DG HSM ARTってどんなレンズ?

SIGMA 14mm F1.8 DG HSM ART

SIGMA 14mm F1.8 DG HSM ARTとは、 フルサイズ一眼カメラ用 レンズで14mmという超広角レンズでありながら、絞り開放F1.8という明るさを誇るレンズです。

キヤノンやニコン、その他メーカーでも超広角でこの明るさを誇る同等のレンズはありません。(2020年2月時点)


このレンズは、その明るさを生かして星空撮影でも人気のレンズです。もちろん、私も星空撮影を目的に購入しました。

以下がスペックの一部です。

レンズ構成枚数11群16枚
最短撮影距離27cm
最大径 × 長さφ95.4㎜ × 126㎜
質量1,120g

大型・重量級のレンズになります。CANON EOS5DmarkⅣに装着すると以下のようになります。

SIGMA 14mm F1.8 DG HSM ART

SIGMA 14mm F1.8 DG HSM ARTを触った印象

さすがシグマのARTレンズというべきか、しっかりした作りですが、やはり重たいです。



普段使用しているSIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTと形状はよく似ているけれど、ひとまわり小さいのはパっと見て分かりました。重量も30gもほど軽いようですが、あまり差は分かりません。



レンズキャップは被せ式です。SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ARTよりワンサイズ小さいキャップになっています。どっちがどっちか分からなくなりそうです。


スポンサードサーチ

SIGMA 14mm F1.8 DG HSM ARTで撮影した写真を紹介

星空撮影の目的でSIGMA 14mm F1.8 DG HSM ARTを購入しましたが、まずは日中の撮影で使用してみました。

せっかくの開放F1.8なので、開放にて撮影していきます。

カメラはCANON EOS5DmarkⅣ、JPEG撮って出し、レンズ補正は周辺減光補正のみOFFにしています。


奥側にピントを当てていますが、しっかりと描写されている様子です。手前の青い花の部分はボケが出ているようです。
(画面中央右上のほうに、少しだけゴーストが出ています)

SIGMA 14mm F1.8 DG HSM ARTの作例

こちらは奥に見える建物にピントを合わせ、前ボケを撮影してみました。レンズにぶつかる程に寄って撮影していますが、ワケが分からない程ボケるという事はなさそうです。

SIGMA 14mm F1.8 DG HSM ARTの作例

こちらは逆光での撮影。太陽を映しこんでいますが、ゴーストは目立たないです。

SIGMA 14mm F1.8 DG HSM ARTの作例

歪みもなく、真っすぐに描写されています。

馬見丘陵公園

こちらはF16(最大絞り)で太陽を撮影しましたが、シャープな光芒が出ます。(ゴーストも出ています)

馬見丘陵公園


こベンチ手前の手すりにピントを合わせて撮影しました。背景が緩くボケており、なかなか面白い描写だなぁと思いました。

馬見丘陵公園

足元に木の陰が出来ているのを見つけ、カメラを下に向けて撮影。14mmという超広角なので、余裕で納めることができました。

馬見丘陵公園

足元のタイルを撮影してみました。開放F1.8での撮影ですが、質感が伝わるような描写です。

馬見丘陵公園



最短距離で撮影した梅の花。

馬見丘陵公園の海


前ボケと後ボケが出るように撮影してみました。超広角レンズというと絞って撮影することが多いのですが、開放F1.8を生かしてこういう撮影方法を試してみるのも面白いかも?

馬見丘陵公園の海


開放F1.8で撮影しているとやはり周辺減光があります。仕方がない事ではありますが、私は周辺減光が好きなのでこれは嬉しいです。

馬見丘陵公園の海


下記はF2.8まで絞って撮影したものですが、周辺減光は改善しスッキリとしました。

馬見丘陵公園の海

撮影していて思ったこと

星空撮影の目的で購入した為、日中の撮影で14mmの開放F1.8でどんな撮影をしたらいいのだろうかと思いましたが、使っていて楽しかったです。

やっぱりシグマのARTレンズ、単焦点レンズということもあって、開放でもしっかりとシャープに描写している印象がありました。こういうのは、撮影していると気持ちいいですね。


また開放での撮影は周辺減光も程よいので、それだけで雰囲気のある写真になります。



※星空撮影に関する記事は下記に纏めています。
→SIGMA 14mm F1.8 DG HSM ARTを星空撮影に使用して思う事【レビュー】


機材カテゴリの最新記事