レンズの結露による曇り防止に。レンズヒーターの必要性

レンズの結露による曇り防止に。レンズヒーターの必要性

星空の撮影行こうと思って、カメラもレンズも買ったけどレンズヒーターって必要なの?って、思うかもしれません。この記事ではレンズヒーターの必要性について書きます。

スポンサードサーチ

レンズの結露による曇りの影響

星景写真を撮っていると、急に写真の写りが悪くなる時があります。

うっすらとモヤが掛かったような映りに・・・原因はレンズの結露


「あれ、なんでだろう?」


カメラの調子がおかしくなったのかと、最初焦りますが大抵はレンズの曇りが原因です。こうなってしまうと、何度拭き取っても曇りが発生してしまい、撮影続行が難しくなります・・・。せっかく撮影に来たのに、撮影できないのでは意味がありません。

こうならない為にも、レンズヒーターは必要です。

レンズの結露の原因

そもそも、レンズの結露は何故発生するのでしょうか?

それは温度差によるものです。冬の窓に結露が生じるのと同じです。特に、星空の撮影は寒暖差が激しい状況下ですので、真冬でなくても結露が発生しやすいと言えます。

スポンサードサーチ

結露によるカメラ・レンズへの影響

結露が発生すると、カメラ内部へも細かな水滴が発生し、カメラ本体の故障にもつながります。また、レンズ内にカビの発生の原因となります。

折角購入した高いレンズ・・・そんなことで故障してしまうとか絶対イヤですよね。

油断大敵、夜は大丈夫でも朝の冷え込みで一気に曇る

レンズの結露は急にやってきます。

「撮影してるけど、全然結露が発生しないから、レンズヒーターいらないかな?」

と思っていると、急に結露が出始め、曇り出します。

レンズ面をブロワーで拭いてから、ウェスなどで結露を拭きとっても、またすぐに結露が発生し、イタチごっこのようになります。


そこからレンズヒーターを使っても温まり、除去するには少し時間がかかりますので、折角の撮影機会を逃してしまいます。

予め装着しておくことが良いと思います。
曇ってからでは、撮影機会を逃してしまいます。

スポンサードサーチ

オススメのレンズヒーターは?

値段もピンキリで、数万円から数千円のレンズヒーターまであります。

安物買いの銭失いになら無いために、高いレンズヒーターにした方が良いのでしょうか?

恐らく、高いレンズヒーターの方が耐久性などの面で優れているのでしょうが、安いものでもしっかりと曇りを除去してくれます。

私が使っているレンズヒーターとバッテリー(13000mAh)はこちらです。
ちなみに、このモバイルバッテリーはレンズヒーター専用ではなく、スマホの充電にも使える汎用タイプですので、いざという時は、レンズヒーターを使いながらスマホの充電もできます。USBの差込口も二つありますしね。

レンズヒーターとバッテリー


値段もお手頃なものですが、今まで使っていて、特段不便は感じませんし、不具合も今のところありません。

帯が細いので、色々な形状のレンズに使いやすいのも利点です。

バッテリーはどのくらい持つのか?

私が使っているのは13000mAのモバイルバッテリーです。

一方、レンズヒーターの商品説明ではモバイルバッテリー10000mAhで 6~10時間と説明されています。なので、13000mAhであればもう少し余裕があるはずです。私自身、夜到着し、朝方まで連続で使いますが余裕で電池は持ちます。

スポンサードサーチ

レンズヒーターは太いタイプより細いタイプが良い?

レンズヒーターの中には、ヒーター部分の帯が太いタイプと細いタイプがあります。

レンズを覆う面積が増えるので太い帯の方がいいかな?と思い、最初、このタイプを買いましたが、レンズの形状によっては上手く装着できなかったり、ピントリングが使えなくなります。ぴったりのレンズなら問題ないと思いますが、帯の細いタイプの方がレンズ形状問わず使いやすい為、そこまで過酷な撮影場所に行くワケではないならば、細いタイプが使いやすいと、私は思います。

レンズヒーターは三脚にぶら下げると便利!

レンズヒーターはレンズに巻き付ける帯と、バッテリーの二つのパーツによって構成されています。

使用中、ヒーターの帯はレンズに巻き付けているので大丈夫ですが、バッテリーはどこにやればいいのでしょうか?まさかずっと手に持っている訳にはいきませんよね。

こういった巾着袋を一つ用意し、バッテリーを入れて、巾着を三脚の突起部分などに引っかけておくと便利です。

レンズを買った際に付属していた巾着を流用。


この巾着にヒーターの帯も一緒に入れておけば、持ち運びにも便利ですしね。





以上、大切なカメラレンズを守るため、撮影機会を逃さない為にも、ほんの少し面倒ですが、キッチリとレンズヒーターで結露対策をしましょう。結露してからでは、絶対後悔します。

機材カテゴリの最新記事