SONY a7SⅢのシャドー持ち上げ耐性、CANON EOS5DmarkⅣと比較(ダイナミックレンジ)

SONY a7SⅢのシャドー持ち上げ耐性、CANON EOS5DmarkⅣと比較(ダイナミックレンジ)

今まで使っているカメラCANON EOS5DmarkⅣと比べ、SONY a7SⅢで星空撮影をした際、地上部のシャドーを持ち上げた時に破綻が少ない印象がありました。

そこで、同じ場所、同条件で撮影した写真を比較してみました。

スポンサードサーチ

シャドー持ち上げ耐性の比較

同じ場所で同じ時間に撮影しています。
レンズも同じです。

SONY a7SⅢ + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM ART(MC-11でマウント変換)
CANON EOS5DmarkⅣ + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM ART

ISO3200  F2.8 15秒 (Lightroomにて露光量+3 シャドウ+100)
ISO6400  F2.8 15秒 (Lightroomにて露光量+2 シャドウ+100)
ISO12800 F2.8 15秒 (Lightroomにて露光量+1 シャドウ+100)

ISO3200での比較

ISO3200  F2.8 15秒 (Lightroomにて露光量+3 シャドウ+100)
同じレンズ、撮影設定、補正をかけてみましたが、一目瞭然です。SONY a7SⅢはディテールがまだしっかりと残っていますがCANON EOS5DmarkⅣは赤いノイズもひどく、ディテールも潰れています。

ダイナミックレンジ a7s3 5d4

スポンサードサーチ

ISO6400での比較

ISO6400  F2.8 15秒 (Lightroomにて露光量+2 シャドウ+100)
SONY a7SⅢが緑色のノイズが増えましたが、まだなんとか・・・。そして、CANON EOS5DmarkⅣは更に酷い状況に。

ダイナミックレンジ a7s3 5d4

ISO12800での比較

ISO12800 F2.8 15秒 (Lightroomにて露光量+1 シャドウ+100)
SONY a7SⅢはISO6400では緑色のノイズが多く出ていましたが、ISO3200時と同等くらいになりました。CANON EOS5DmarkⅣはISO6400と変わらず。

ダイナミックレンジ a7s3 5d4

スポンサードサーチ

実際にレタッチし比べてみた感想

上記の比較は極端な比較で、ここまでシャドーを持ち上げる事も多分ありません。なので、実際に写真をレタッチし比べてみました。。

ちなみに、こちらの写真は地上部分にハート型の入り江があり、それが分かる程度には地上部分を明るくしてレタッチします。

SONY a7SⅢで撮影した写真のレタッチ

ISO12800 F2.8 15秒

a7s3 レタッチ

先ほどの結果からもわかるようにシャドーを持ち上げても破綻も少ないのでサクっとレタッチ出来ました。

まぁ、今回は比較のために撮影しただけの写真データですので、細かく見れば割とノイズが多く出ています。実際にキチンと撮影するならF値を下げるか、SSを長くするか、または地上部分だけ別撮りしていたかと思います。

CANON EOS5DmarkⅣで撮影した写真のレタッチ

ISO8000 F1.8 20秒

5d4 レタッチ

こちらはCANON EOS5DmarkⅣで撮影した写真をレタッチです。先ほどの検証用に使用したデータではレタッチは厳しいと思い、別途1段ほど明るめに撮影したデータを使用しました。
まぁまぁ同じ様な雰囲気に仕上げる事は出来ましたが、地上部分はSONY a7SⅢの方が扱いやすい印象でした。

シャドーを持ち上げた地上部分を拡大して比較

地上部分を拡大して比較してみました。やはり、SONY a7SⅢのISO6400では緑色のノイズが多いですが、ISO12800で改善しISO3200と同等かという印象に。まぁ、3200の方が若干ディテールは残っている感はあります。

CANON EOS5DmarkⅣはSONY a7SⅢと同じ撮影条件では比較にならないレベルでしたが、1段程度明るく撮影しただとまぁまぁ良い感じに。それでも少しディデールが潰れているように見えます。

シャドー 比較 a7s3 5d4

スポンサードサーチ

まとめ

今までCANON EOS5DmarkⅣを使い続けていて、最近SONY a7SⅢでの写真データを使うようになりレタッチのし易さを感じていましたが、今回改めて比較(シャドーの持ち上げ耐性)してみるとSONY a7SⅢが圧倒的でした。


SONY a7SⅢはISO6400とか使うなら、一気にISO12800まで上げても良いのかもしれません。以前、ISO感度別のノイズ比較をしましたが、そこでもISO12800までは安定して使える結果でしたので、やはりISO12800が良いのかも知れません。

hoshi-tori.com

hoshi-tori.com

一般的に高画素になるとダイナミックレンジが低下すると言われており、SONY a7SⅢは1210万画素、CANON EOS5DmarkⅣは3040万画素であり、この差による結果なのかと思います。まぁ、両方のカメラにそれぞれメリット・デメリットはあるのでうまく使い分けて行きたいと思う所です。

機材カテゴリの最新記事