星空動画のノイズ処理にNeat Video v5 Proを試してみた(レビュー)

星空動画のノイズ処理にNeat Video v5 Proを試してみた(レビュー)

Neat Video v5 Proは有償の動画用のノイズリダクションプラグインです。


普段SONY a7SⅢでISO感度204800あたりを使いながら星空の動画を撮影しています。しかし、かなりノイズが発生する為、少しでも改善させる為に購入しました。

今回購入したのはDaVinciResolve版です。

スポンサードサーチ

Neat Video v5 ProとDaVinciResolveのノイズ処理を比較

今まではDaVinci Resolve Studioのノイズ除去を使用していましたので、簡単に比較してみます。

まずは動画をどうぞ。星空と天の川を撮影した動画です。

ノイズ処理なしDaVinci Resolve Studioによるノイズ処理NeatVideoによるノイズ処理を比較しています。

動画の撮影設定
SONY a7SⅢ 
SS 1/15、ISO 204800、F1.4
PP8(S-log3)で撮影し、カラーグレーディングしています。

DaVinci Resolve Studioのノイズ除去設定は以下。赤い下線の所だけ設定しています。

davinciresolve ノイズ処理 設定

Neat Video v5 Proのノイズ除去設定は以下。自動でノイズ検出した後(手順を説明すると長くなるので割愛します)、更にノイズを除去するために「Filter Settings」のLuminance 60%と、Noise Level +90%を設定。

neat Video ノイズ処理 設定

こちらは先ほどの動画から切り出した画像。

neat Video 比較 ニートビデオ

圧倒的にNeat Video v5 Proが滑らかになっているのが分かります。ちょっと強めに設定しているのでノッペリ感があり、もう少し煮詰めたい所ですが、一先ずこの程度で。

DaVinci Resolve Studioも空間的ノイズ除去を使えばもう少し滑らかにはなりますが、かなりのマシンスペックを要求され私が使用しているPCでは書き出しが失敗する事もあり、一旦この設定です。

一方、Neat Video v5 Proはこの設定で比較すると書き出しに3倍近く時間がかかるものの、一応書き出せました。

※ドスパラRaytorek R5(Core i7-10875H、32GBメモリ、GeForce RTX 2060)

Neat Video v5 Proを使用してみた印象

Neat Video v5 ProはDaVinci Resolve Studioより強力なノイズ除去が出来、使い方も基本的な手順を覚えればそこまで煩わしくないので総合的に良い感じかなぁという印象です。


ただし、細かく設定出来るのにオフィシャルのマニュアル動画は英語版しかない為、あまり使い方が理解できないのが難点ですが、少しずつ慣れて行こうと思います。

私が購入した時は約2万円と割と良い値段でしたが、とりあえず購入して良かったかな。これからも星空動画を作るのに使って行こうと思います。

YouTubeチャンネルでは星空や夜景の動画を掲載しています

YouTubeチャンネル「星を撮りに行く」

スポンサードサーチ

Neat Video v5 Proについて

Neat Videoの詳細についてはオフィシャルサイトからどうぞ。

オフィシャルサイト

今回はDaVinciResolve版を使用しましたが、他にもPremiere版やFinal Cut版等もあり。
また、無料でデモ版を試す事も出来ます。