【2019年秋】紅葉の赤目四十八滝に行ってきました(三重県名張市)

【2019年秋】紅葉の赤目四十八滝に行ってきました(三重県名張市)


どうも、ぴすです


2019年秋、今年の紅葉は何処に行こう?ということで、三重県名張市にある赤目四十八滝(あかめしじゅうはったき)に行ってきましたので紹介します。


今回訪れたのは2019年11月23日(土)でした。紅葉としては見ごろは少し過ぎた感じではありましたが、まだまだ綺麗な紅葉を楽しむ事が出来ました。あと、休日でしたので、めちゃ混みしていました。

スポンサードサーチ

赤目四十八滝について


三重県名張市にある赤目四十八滝は観光スポットでもあり、冬も春も夏も、そして秋の紅葉も楽しめる場所です。

渓谷の歩道を歩いて川を上る様に歩いていきます。途中にいくつかの滝があり、圧巻の景色を楽しむ事が出来ます。恐らく、一番の見所である荷担(にない)滝までは、片道1時間10分、往復2時間20分という道のりになります。

紅葉と渓流は見事な景色で、歩いているだけでも凄く気持ちの良い所です。

歩道は岩場が多く、濡れていると少し滑るといった感じですが、比較的歩きやすい印象があります。岩がゴロゴロ転がっていて・・・という事はありません。(歩道から外れると、岩場も多いですが)

坂や階段も多いですが、そこまでハードな印象はありません。ただ、歩道は狭く、人が多いと渋滞します。柵も無い場所が多いので転落注意です。

また、紅葉やその他のライトアップを実施しているようです。


入り口にはオオサンショウウオセンターがあり、飼育されているオオサンショウウオも見る事が出来ますよ。

赤目四十八滝の場所

スポンサードサーチ

赤目四十八滝の駐車場やトイレ

駐車料金は場所に寄るかも知れませんが、今回は800円でした。


駐車場は割と広く、何カ所かに分かれてあります。今回11時頃の到着でしたが、駐車場の空きはギリギリな感じでした。もっと早い時間に来た方が良いですね。

トイレは駐車場付近に数カ所あり、渓谷内でも2カ所ほどありました。

また、赤目四十八滝を見るにも、料金500円/一人が必要になります。

赤目四十八滝で撮影した写真の紹介

渓谷に入って、一番最初に見えてくる滝です。

紅葉の赤目四十八滝

こちらが千手滝というそうです。

紅葉の赤目四十八滝
紅葉の赤目四十八滝

百畳岩の紅葉。かなり綺麗で見応えがありました。

紅葉の赤目四十八滝

姉妹滝です。もう一つとなりに滝が流れていますが、一緒に写せてませんでした。

紅葉の赤目四十八滝
紅葉の赤目四十八滝

岩の上に落ち葉がたくさん乗っており、そこへ光がさしていました。

紅葉の赤目四十八滝

骸骨滝。名前が怖いですね。

紅葉の赤目四十八滝
紅葉の赤目四十八滝
紅葉の赤目四十八滝

こちらが今回の目的地でもある荷担滝です。

紅葉の赤目四十八滝

こちらの滝からさらに先へ進む事が出来ますが、今回はここで引き返す事にしました。

戻ってくると、ライトアップの準備がされていましたが、今回はライトアップの撮影はパスしました・・・かなり疲れましたので。

紅葉の赤目四十八滝

スポンサードサーチ

オススメグルメ

赤目四十八滝といえば、「へこきまんじゅう」です!名前からしてなんじゃそりゃ?って感じですが,生地の中にサツマイモをベースとした餡がギッシリ入っている饅頭で、温かくて凄く美味しいです!赤目四十八滝に来ると必ずと言って良いほど購入するのですが、やはり、人が多いと下記の写真の様に長蛇の列が・・・。空いている時に購入した方が良さそうです。

へこきまんじゅう

その他にも、草餅も凄く美味しかったです!あんこ入りのヨモギ持ちを焼いて、キナコをまぶしたものですが、程よい甘さで疲れたからにピッタリでした。

草餅

まとめ

2019年11月23日(土)に訪れましたが、紅葉としてはピークは過ぎていました。しかし、まだまだ紅葉を楽しめました。人はめちゃくちゃ多く、渓谷内も渋滞が発生する箇所もありましたが、そこまで歩きにくい印象はありませんでした。

やはり、紅葉のシーズンの赤目四十八滝はなかなか美しいと思いました。

三重県(その他撮影記録)カテゴリの最新記事