14mmレンズでシャッタースピード別の星の流れを比較してみた

14mmレンズでシャッタースピード別の星の流れを比較してみた

14mmのレンズで固定撮影でのシャッタースピード別に星の流れを比較してみたのでまとめてみます。

今回検証したのはシャッタースピード30sec、25sec、20sec、15sec、13sec、10sec、8secです。

使用カメラ CANON EOS5DmarkⅣ
使用レンズ SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ART

まずは、こちら、30secで撮影したもの。

30sec 星空

こちらは8secです。

8sec 星空

正直、インスタ等のSNSやブログサイズだと違いが分かりません。なので切り出して比較していきます。

スポンサードサーチ

シャッタースピード30secでの星の流れ

四隅、中央を切り出しています。500ルールで計算すると14mmでは35secくらいが星が流れないシャッタースピードと言われていますが如何ですか? 30secでも右上、左下部分はかなり流れています。

14mm 30sec

中央を更に拡大したもの。

14mm 30sec

流れの大きい右上も拡大してみました。

14mm 30sec

中央もやや流れていますが、右上がかなり流れています。

シャッタースピード25secでの星の流れ

次は25secです。

14mm 25sec
14mm 25sec
14mm 25sec

まだ、流れが目立ちます。

スポンサードサーチ

シャッタースピード20secでの星の流れ

シャッタースピード20secです。

14mm 20sec
14mm 20sec
14mm 20sec

かなり流れも落ち着いてきました。

シャッタースピード15secでの星の流れ

シャッタスピード15秒です。

14mm 15sec
14mm 15sec
14mm 15sec

スポンサードサーチ

シャッタースピード13secでの星の流れ

シャッタースピード 13secでの撮影です。

14mm  13sec
14mm  13sec
14mm  13sec

シャッタースピード10secでの星の流れ

シャッタースピード10secでの撮影です。

14mm  10sec
14mm  10sec
14mm  10sec

スポンサードサーチ

シャッタースピード8secでの星の流れ

最後はシャッタースピード8secです。

14mm  8sec
14mm  8sec
14mm  8sec

14mmのシャッタスピード別の星の流れについて思う事

500ルールに則ると14mmでは35secまでは星が流れないと言われていますが、30secでも結構流れてます。

これは個人がどこまで許容出来るかなので、何が正しいかは無いと思います。

最初にも写真を上げていますが、ブログやインスタ等のSNSで掲載するなら、14mmの場合は30secでも8secでも星の流れの差は分かりづらいです。むしろ30secの方がISOを抑える事が出来るので見栄え良く仕上がるかも知れません。

ただ、拡大してみるとやはり流れが目立ちます。

私の場合、現在では赤道儀などで追尾せずに固定で一枚撮りの撮影ですが、14mmの場合、星の流れを考えてシャッタースピード15secが一つの基準に考えています。ソフトフィルターを使えば星が滲み流れも目立ちにくくなるので20secとかでもあまり気になりません。

このくらいのシャッタースピードで撮影していると、やはり、A3プリントで見た時に違和感が少ないです。デスクトップで画面いっぱいに表示させてみても、スッキリした印象がありますしね。

しかし、15secが基準と考えるなら、私の場合500ルールならず、210ルールになってしまいますね・・・。(地上が暗すぎて厳しい場所や、「これはブログやインスタだけにしよう」っていう写真を撮影する時は30secとかでも撮影します。まぁ、地上が暗いだけなら別撮り合成っていうのもアリですが・・・)


まとめ

今回は14mmでのシャッタースピード別の星の流れを比較してみました。撮影の参考になれば嬉しいです。




雑記カテゴリの最新記事